Let's!乳酸菌生活!

乳酸菌とピロリ菌の関係

乳酸菌とピロリ菌の関係

ピロリ菌に日本人の約50%が、感染していると言われているほど感染率の高い菌となっています。 この菌は胃の粘膜部分に住み着き、胃潰瘍や胃がんのリスクを高める為、なるべく除去したいものです。 ピロリ菌は薬などで除菌する事も出来ますが、今注目されているのが乳酸菌です。 乳酸菌の種類は色々とあるのですが、その中でもLG21という乳酸菌は、ピロリ菌を除去すると言われています。 一般的な乳酸菌は食べると胃酸で、分解されてしまいますが、このLG21は胃酸に強いのが特徴です。 LG21は胃酸に強いというだけでなく、胃の粘膜に長く留まる性質がある為、乳酸菌の働きによりピロリ菌を除去してくれるのです。 ある研究のデータによると、2か月間LG21が含まれるヨーグルトを食べ続けたところ、約8割の方にピロリ菌の減少が見られたようです。 また、胃の粘膜の炎症が改善されるといった結果もある事から、LG21乳酸菌は胃の健康維持にお勧めと言えるでしょう。

注目サイト

シザー
https://www.hien-scissors.jp/
プロクリアワンデーの通販サイト
http://www.web-lens.com/

2017/5/9 更新


PAGE TOP

COPY RIGHT(C) Let's!乳酸菌生活! ALL RIGHT RESERVED